サンドコートでの練習

写真はボールを使った練習の風景ですが、それまでには最近のトレーニングで付いてきた筋力をよりパフォーマンスに反映出来るよう、体の使い方のヒントを得てもらう時間を設けました。

これがなかなか難しいんでしょうね。

やって欲しい動きにはなかなかなってきません・・・。

ただ、すぐには出来る事ではないと分かっているので継続的なインプットによって少しでもマスターしてもらえたらと思ってます。

これが出来てくると切れのあるスパイク、柔らかい質の良いレシーブが身に付き、かつ怪我が少なくなるはずです。

頑張れみんな!!