栄養講習(7/12)

今回お招きした講師は現役時代に一緒に仕事をさせて頂いていた小橋真弓さんです。

20数年の時を経て、厚かましくも小中学生を対象とした講習をお願いしたところ、快諾して頂き当日を迎えました。

 

技術を伸ばすためにはしっかりした練習が必要です。

その練習に終始向き合うためにはそれに耐える事が出来る「体」が必要です。

その「体」は口から入れたものからしか作られません。

話の流れの中でのポイントと思われる所では小学2年生メンバーもしっかりメモを取り、気づきを得ようと真剣なまなざしがいっぱい!

講習後には、「娘が今日の夕食を作るのを手伝ってくれました!」「自分に必要なものが食べれてるか?などの会話をしながら夕食を食べました!」などお母さん達からのレポートもあり、食べることの大切さを少し理解してもらえたかなぁ。

繰り返しますが、強い体は自分が選んで口から入れたものからしか作られません。

大変かと思いますが、未来の体は今作られていると考えて、今回学んだ事を親子で真剣に取り組んでもらいたいです!

小橋さん、素敵な機会を頂きありがとうございました!!